umu-waka色彩辞典

CIMG7085


























神ぬ引き合わせに 稀稀 汝きゃば拝でぃ~奄美島唄・朝花節~

 


拝みとは出会いという意味です。

こうしてあなたと出会えたことは神様のお引き合わせでしょう。




2013年Exhibitionテーマの惜縁花色は、

この朝花節のようだなと感じます。



CIMG6782





































惜縁とは



ご縁に感謝するという意味


 

その縁と縁が雄しべと雌しべの光合のように実を結び、



そして新たな夢を咲き誇らせる。



惜縁花色・sekienhana-iro

CIMG5377

















 
























CIMG5376









































CIMG5397


















CIMG5368



















惜縁花色は



 

縁と縁が雄しべと雌しべのように出会い、




その縁と縁との出会いから



 

新たな夢や希望が花開く



感謝の想いを込めて...............




 




























CIMG3275























蓮花香色・rengekou-iro
 
確かにわたしはあの時、あなたを愛していました。

そして静かに幸せでした。

そしてあなたと、その先のもっとずっと先の夢を一緒に見ていました。

静かに二人で幸せでした。幸せになるつもりでした。



http://www.umu-waka.jp

 

DSC01870
























http://www.umu-waka.com





釈迦誕桃色は、誕生日の「誕」に込められたお釈迦様の「おしえ」から生まれた色です。

 

お誕生日の「誕」という感じのの意味は、

「気まま、大きい、いつわり、うそ、でたらめ」
 

という意味で、なんだか目出たそうな

イメージとはずいぶん違います。



 

 

 お釈迦様は、その「誕」についてこう説法しております。

 

この世は諸行無常(全ては必ず変化する)

永遠の安らぎは存在せず四苦八苦であり、生まれた時点で苦は始まっていると。

人間として生まれ、誰もが必ず経験する苦。誰しもに平等に訪れるもの。
 

「誕」、この世は架空の世界だと思い、苦に執着せず楽しく生きて行きなさい。


と。





image-2
























良いことも悪いことも受け入れる、

そんな受容性の桃色に、嫌なことも笑い飛ばすユーモアの色、

 

黄色を少しばかり加えて、釈迦誕桃色・shakatanmomo-iroを染め上げました。


 

 

image-1





































"shakatanmomo-iro" is the color that was born from the "teaching" of
the Buddha was put in the "Rebirth" of birthday.

They say that sense of "Rebirth" of your birthday, "carefree, big,
lie, lie, bullshit"

In the sense that, and it came out the first image is somehow very different.

  Buddha, He have preaching this about "Rebirth" that.

 Impermanence world (all of which are always changing) is a struggling
eternal peace does not exist, and bitter and has begun at the time of
birth. Born as human suffering, everyone is sure to experience. What
visit to everyone equally.

Buddha said,  "Rebirth", the world of the fictional world is, and go
live happily without attachment to suffering.

Take the good with the bad, the acceptability of such pink, the color
of the humor also be unpleasant laugh.

In addition to just a little bit yellow, was dyed a color "shakatanmomo-iro".

 

hakatanmomo-iro is also the color of ultimate healing.
And all that kind of wraps, who did not make this thing,

The Color all wrapped around the heart, to stand by us to own the
largest of all tangible,
is the nearest, even fascinated by beautiful Japanese skin tone tired skin,
also, color me beautiful and also let me know their own mind.

The world is an imaginary world .... and.

 New for my birthday, "Rebirth" 


このページのトップヘ